圧力鍋レシピ集 ホルモン鍋(圧力鍋使用)

ホルモン(もつ)鍋

5分加圧→10分蒸らす

生ホルモンを使ったホルモン鍋。やはりホルモンは臭みを取るための下ごしらえが肝心ですね。
圧力鍋でホルモンは本当に柔らかくなりますのでおすすめです。
※辛さはコチュジャンで調整してください。
※ホルモンはセキグチ肉店の豚ホルモンの直腸を使いました
(フィスラーロイヤル 高圧 1.8気圧=110kpa 使用)

ホルモン鍋の材料(4人分)

豚ホルモン…500g、 キャベツ…1/2個、 ニラ…1束、 長ねぎ…1本
A(水…100cc、 酒…50cc、 みりん…大匙2、 砂糖…大匙2、
味噌…大匙3、コチュジャン…大匙3〜4、 ニンニク…1〜2片、生姜…1片)豆腐…1丁、 塩…適量

ホルモンの下ごしらえ

(1) ホルモンをポリ袋に入れ塩を振り揉む。ぬるま湯で2〜3回お湯をかえて丁寧に洗う。
(2) ホルモンについている脂肪分を取り除く。
(3) 鍋に(2)と水を入れて火にかけ数分下茹でする。
(4) (3)をぬるま湯で3回くらいかえて洗う。

ホルモン(もつ)鍋レシピ

(1) ニンニクと生姜はすりおろしておく。キャベツは洗ってざく切り、ニラは4cmに切りそろえる。長ねぎは斜め切りにしておく。Aの調味料を合わせ、すりおろしたニンニク、生姜も加えておく。
(2) 圧力鍋に(1)と下ごしらえしたホルモンを加える。
(3) (2)にキャベツと長ねぎを加えて火にかけ5分加圧して10分蒸らす。
(4) 蓋を開けて豆腐、ニラを加えてひと煮たちしたら完成です。

圧力鍋レシピ集TOP サイトマップ(レシピ一覧)