圧力鍋レシピ集 豚の角煮

豚の角煮のレシピ

(1)下茹で:加圧0分→30分蒸らす。
(2)調味料を入れて:加圧5分→自然放置



圧力鍋をつかった豚の角煮を色々作ってみましたが、長い時間圧力鍋で豚肉を煮ると脂身は箸でつかめないくらいト
ロトロになりますが、赤身の部分は逆に締まって硬く、
すじっぽくなるようです。
フライパンで先に焼いて茹でて下ごしらえしたものを調味料を入れて味付けしてみました。
肉本来の旨みを感じられる豚の角煮に仕上がりました。
豚の角煮をもっと柔らかくしたい場合は冷ました角煮を冷蔵庫で寝かせ、翌日温めます。
冷やす→温めるを繰り返すと、だんだん赤身の部分も柔らかくなってきます。
※写真の豚角煮は煮汁に片栗粉でトロミをつけたものをかけています。
関連レシピトンポーロー(豚の角煮) / 柔らか豚トロ角煮
(ティファールクリプソヌーヴォー:高圧85kpa使用)

豚の角煮の材料(4人分)

豚バラ肉600g 生姜2かけ 長ネギの葉の青い部分適量 4個
A( 1カップ 1カップ ザラメ大匙2 蜂蜜大匙2 、 
醤油大匙4
※白砂糖は肉が締まるので肉を柔らかくする蜂蜜、ザラメを使いました。蜂蜜の香りが苦手な方はザラメに置き換えてください。

豚の角煮のレシピ

(1) 豚バラ肉を3cmくらいの角切りにして油を引かないフライパンで6面こんがり焼き色が付くまで焼く。しょうがは皮を剥いて薄切りにしておく。卵は茹でて皮をむいておく。
(2) 圧力鍋に(1)の豚バラ肉と、分量の1/2のしょうが、葱の青い部分、かぶるくらいの水(分量外)、を入れて火にかけます。
(3) 加圧したら火を止めて、30分そのまま蒸らします。蓋を開けて肉を取り出します。
(4) 圧力鍋にAの調味料、下ごしらえした豚バラ肉、残りのしょうが、ゆで卵を加えて5分加圧します。
(5) 自然に冷まし、食べる時に軽く温めます。
(6) 角煮をもっと柔らかくしたい場合は冷ました角煮を冷蔵庫で寝かせ、翌日温めます。 冷やす→温めるを繰り返すと、だんだん赤身の部分も柔らかくなってきます。

サイト紹介 和雑貨の臥龍創研

圧力鍋レシピ集TOP サイトマップ(レシピ一覧)